Archive for 日々のこと

農業体験

2018年6月10日に広島市安芸区船越地区でこどもたちの農業体験がありました。

地域の人々と親子11組が参加しました。

☆中国新聞に掲載されました☆

この船越地区では子供会がなくなったり、地域の方と顔を合わせることが少なくなりました。

農業体験を通して、地域の方と子育て世代が交流できればと思い企画しました。

また、お米は身近な食べ物であっても、できる工程を知らない子どもが多いです。

体験を通して食育にもつながります。

当日の様子

二澤さんに指導を受けながら田植えをしました。

ご協力頂きありがとうございます。

子供たち、親御さん、地域の方、皆さん笑顔で大満足です(*^^*)

今後もこの活動を通じて、地域の方と子育て世代が楽しく交流できればと思います。

皆さんありがとうございました。

黄幡社

4月30日に広島市安芸区船越の荷場片山地区にある黄幡社で春の例祭が行われました。

子供たちを含め船越から30名くらいの方がいらっしゃいました。

風神雷神の絵が飾られています。

 

子供たちも大人と一緒に玉串奉納しました。

「神様のおかげを頂くとともに、健康と幸せを祈願しました。」

ということを宮司様がお話をされていました。

たくさんの方々が来られていてとても賑やかでした。

ありがとうございました。

 

稲荷神社

4月29日(日)に広島市安芸区船越の荷場片山地区にある稲荷神社で春の例祭がありました。

お稲荷様が祀られており商売繫盛の神様です。

このあと、皆さんにお神酒がふるまわれました。

みなさん楽しい雰囲気でお神酒を頂きました。ありがとうございました。

 

庚申神社

4月22日に行われた、広島市安芸区船越、西にある庚申神社の春の例祭に行ってきました。

神事が終わった後、この神社の由来についてお話がありました。

すこし、お話を紹介☟

岩滝神社巡拝記によると、道祖神として祀られています。

道祖神は、道路の分岐点または、町村の入り口にあって悪者が入ってこないようにする、防ぎ守る神とされており、別名を猿田彦の神とも言われる。

天孫降臨の際、ににぎの命が天照大神の神勅を受けて、天児屋根命などの神々を連れて高天原から地上へと向かう途中

守衛さんのように立っていて、実は降臨されると聞きお迎えにきて待っていた。一行に猿田彦大神と名を言い、味方であることが判明。猿田彦大神が先導役として、皇孫が降臨することとなる。

よって道開きの神として位置づけられる。

 

ちなみに、猿田彦大神は

「鼻の長さは七咫、座高は七尺あまり、身長は七尋」

訳すと、鼻の長さは140㎝、座高は210㎝あまり、身長は1260㎝(12m前後)ということです。口やお尻は光輝き、目も光っていたそうです。

 

なるほど!守り神というのが納得できます(;^ω^)

皆さん真剣に話を聞いておられました。

神社にはそれぞれに祀られている神がおり、ルーツなどを調べてみるのも面白いかもしれませんね。今回はとても貴重なお話を聞くことができました。

ありがとうございました(*^^*)

 

 

4/15(日)に船越で行われた祭り

朝10時より広島市安芸区船越の花都地区にある花都八幡宮で春のお祭りが行われました。

神社を背に。船越町内を一望できます。

 

続いて11時より船越の竹浦地区にある大歳神社。

この大歳神社は去年、創建300年を迎え歴史ある神社です。大年神様と大国主命(家内安全の神様)が祀られています。八重桜もきれいに咲いていました。

巫女さんの舞もありました。みなさんとてもかわいらしかったです。

 

次は12時から同じく竹浦にある新宮神社です。天照大御神に仕えたわかひるめのみことが祀られています。

この神社には古墳もあります。横穴式石室が築かれています。

須恵器、ひすい製の勾玉、水晶製の切子玉などが発見されました。そのうち、ひすい製の勾玉が横穴式石室から見つかった例は全国的に見ても大変珍しいそうです。
6世紀中頃に作られたと考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

最後13時からは引地のえびす神社でも春のお祭りがありました。

 

前日は大雨で天気が心配でしたが、この日は晴れて、とても気持ちの良い青空が見えました。各神社で滞りなく神事を終えることができました。ビンゴゲームやくじ引き、輪投げなどを行った神社もあり、子供たちの姿も見えました。

このように『広島市安芸区船越』という一つの所にいくつもの神社があるというのは珍しいことのようです。これらの行事を絶やさぬよう、次世代に伝統を受け継いでいけるよう、地元の会社として応援していければと思います。

各町内会の皆様、祭りの準備をしていただいた方々、岩滝神社宮司様、ありがとうございました。

 

水分神社 春の例祭

先日、広島市安芸区船越にある水分神社にて春の例祭がありました。

船越の西町内会が主催されています。

船越、西の的場川、一番上流の山奥にあります。

ここは昔から農耕が盛んで、的場川上流の川の水を利用していました。

この水分神社は古くから山の神様と水の神様を祀られています。

ここは、わが社が的場川改良工事をさせて頂いた、縁の深いところです。

この日はとても寒く、でも神事が終わるころには日差しが差し込み、清々しく感じられました。

このような機会を与えて頂き西町内会のみなさまありがとうございました。

 

春は船越町内でもあと5つの祭りがあります。また報告したいと思います(^^)

 

 

お花見

4月1日にお隣の広島市安芸区船越の岩滝神社で毎年恒例のお花見をしました。

従業員をはじめいつもお世話になっているご近所の方々をお呼びして30名弱で行いました。

天候にも恵まれ桜も満開でとても気持ちよかったです。

まずは場所取り。このとおり満開です。

 

皆さんそろいました。メニューは焼肉、おにぎり、サラダなどなど。

青空の下おいしい焼肉を食べ、みんなでわいわい盛り上がりました。

子供たちも5人来てくれました。食べたあとはすぐ隣の公園へ。大人たちはまだまだおしゃべりに花が咲いています。

 

結婚50年 金婚式のお祝いもしました。2組のご夫婦です。おめでとうございます!これからも元気で仲良くしてくださいね。